cross - 株式会社アンサー倶楽部 新卒採用サイト|リクルート

宮田 あゆみ

営業企画課カスタマーサービス係 主任
2011年 入社

八幡店店舗総務を経験後、カスタマーサービス係の立ち上げとして業務体制を作る。現在はカスタマーサービス係の主任として多岐に渡る業務をこなす。

松村 亜樹

売買再販課 再販係 係長
2018年 入社

賃貸での営業を経験後、結婚を機に家庭との両立を考え総務へ異動。広報担当や人事として活躍するも、営業の楽しさを再認識。入社時から夢だった新築の販売事業の立ち上げに携わる。

永里 円香

賃貸管理課賃貸係
2022年 入社

入社1年目に準新人賞を受賞。その後も賃貸トップ賞を複数回取り、今年はリクルーターとして尽力しながら、採用・後輩育成でも活躍中。

牛尾 洸香

賃貸管理課賃貸係
2023年 入社

入社1年目に準新人賞を受賞。その後も賃貸トップ賞を複数回取るなど精力的に活躍。入社2年目までを対象として次の新人賞獲得に向けて奮闘中。

アンサー倶楽部の成長を支えているパワフルな女性たち。
そんなみなさんに、アンサー倶楽部の魅力について語ってもらいました。

Q. まずは入社のきっかけから教えてください。

牛尾

一次面接の時に出会った佐藤係長がきっかけですね。女性でありながら、ものすごくパワフルに活躍されている姿に憧れ、女性が働きやすそうだと感じました。それと、社長の人となりも聞けて、それがすごく刺激的で面白かったんです。魅力ある人たちが多い会社で楽しそうだなぁと。また、学生の頃は自由に遊んでいたけれど今はバリバリ働いているなど、等身大の部分も説明会で見られて『ここでなら私も頑張れそう!』と思えたんです。

宮田

私は合同説明会で、本当はアンサー倶楽部の隣の会社説明会を聞きたかったんですよ(笑)
そしたらアンサー倶楽部の方に声をかけてもらって。実は不動産業にあまり興味はなかったんですが、前田常務の話を聞いて雰囲気が良さそうだなと感じました。『会社見に来てよ!』と誘ってもらって『え?見に行っていいの?』とうれしかったことを覚えています。実は他の会社で内定を頂いていたんですが、会社見学などはなく、他の内定者との交流もなく、全容がわからないままだったんですよね。
実際にアンサー倶楽部の職場を見に行くと、みなさん楽しそうに働く姿がすごく印象的で。自分がそこで働いているイメージがむくむくと湧いてきたんです。オープンに見せてくれたことが、すごく安心感を与えてくれたんですよね。

永里

私が就職活動をしている時、世の中的には『女性も活躍していこう』という風潮はあっても実際はまだまだというイメージで。社会でも男女平等ではないというか。そんな時に、合同説明会で佐藤係長(女性)に出会ったんです。女性なのに役職を持っているなんてすごい!とインパクトを感じて、第一志望にしようと決めました。

宮田

私はみんなより先輩だけど、確かに今よりもっと男性社会でしたよね。世の中的にも『営業といえば男性』。時代とともに女性の活躍の場が広がってきた中でアンサー倶楽部は前田常務を始め、女性でも活躍できる会社だなって感じていましたね。

松村

私は宮田主任の後に入社しましたが、営業に女性はまだ多くありませんでした。でも男性も女性も『みんな楽しそう!』という印象でした。合同説明会で渡辺部長がすごく楽しそうに話してくれる姿に、『ここで働きたい!』と決めましたね。

Q. 時代の変化に合わせて、少しずついい方向に職場の環境が変わってきたのですね。

宮田

そうですね。そう考えると、今ってすごくいいよね。社会的にもそうだけど、特にアンサー倶楽部では『男だから』『女だから』とかがなくて、すごくフラット。世の中の移り変わりに敏感で、一人ひとりの生活スタイルに合わせた多様な働き方も選択肢が広がっているよね。

松村

私もそれにすごく救われましたね。もともと営業で入社して、結婚した時に会社から、今までと同じ働き方でもいいし、時短で営業してもいいし、落ち着くまでは事務職に変更してもいいよと言ってくれて。私は『両立が苦手だろうな』と思い、事務職に変更してもらったんです。でも一年くらいしてくると、飽きてきちゃって(笑)
そんな時に『新しく立ち上げるオンライン店の店長してみない?』と常務に言っていただいたんです。それはもう喜んで引き受けましたね。きっと常務は、私のそんな心境の変化を汲み取ってくれてたんだと思います。

永里

『結婚したから仕事をやめなきゃいけない』、『仕事を抑えないといけない』とかではなくて、『長く働き続けたい』と思える環境がありますよね。

牛尾

私はまだ入社したばかりなので、みなさんのお話を聞いていたら、今ってすごく働きやすくて、いい時期に入社できたんだなと感じています。私も自分のライフステージに合わせて、みなさんのように柔軟に働いていきたいと思います。

Q. 女性で憧れの先輩はいますか?

松村

たくさんいますよ。バリバリ仕事をこなしてるんですけど定時に帰って、ちゃんと家族のご飯も作っている先輩に憧れますね。他には、お子さんが3人いるんですが、時短はせずに全力で働きながら、家のこともきちんとやってる。任せられる家事はルンバに任せたりしながら、要領よく“全力で”こなしているんですよ。そういう方たちって、みんな計画性と実行力がすごくあるんですよね。

永里

アンサー倶楽部では男女の差はぜんぜん感じないですよね。営業だって男性も女性も一緒にいい意味で競争できます。まだまだ女性の家事の負担が多い日本の現状では、キッチンの使い勝手や間取りなどに関して、女性目線のアドバイスの方が説得力があるかもしれないですね。

宮田

お客様からの物件案内のご希望も『担当は女性の方がいい』と言われることも多いですね。同姓同士という安心感はもちろんですけど、家事の導線や収納などのアドバイスは女性ならではですよね。

Q. 女性ならではの強みも生かして働けているということですね。
そんな中で、みなさんは自分らしく働けていると感じますか?

牛尾

私はすごく負けず嫌いなんですよ。だから、自分の頑張りが目に見えることは、すごくモチベーションにつながるから楽しいですね。ただ、私は要領があまり良くないので、そのあたりは先輩方にフォローしてもらいながら等身大の自分で働けているかなと思います。結婚したらどう働くかはまだ模索中で、その時になって考えたいなと思っていますが、多様な働き方があるのですごく安心ですね。

永里

自分らしく…なんだか難しくて言葉にできないな。私は負けたくないという気持ちはあるけど、バチバチになるのは好きじゃないんですよね。お互いに認め合いながら、売上を上げていくという環境がいいなと思っています。自分の数字だけじゃなくて、チームで助け合うという今の環境がすごく自分に合っていますね。

宮田

確かに、チーム一丸でという雰囲気は強いよね。自分一人じゃないんだという感じ。どうしようって困ったら助けてもらえるし、お互いが自然に助け合える。アンサー倶楽部には、無意識のうちにそういう気持ちを持った人が集まっている感じがして、すごく居心地がいいですね。だから自分らしく働けているなと思いますね。

Q. 昔からそういうチーム一丸でという雰囲気があったのですか。

松村

正直に言うと、私が入社した時は営業に女性は少なく、私の部署に関しては女性は私一人でした。なので『協力』という環境ではなかったですね。同期はみんな男性でなんとなく孤独感もありました。でも時代に合わせた柔軟な考え方や働き方を取り入れていくことで、今はお互いに協力し合える環境があるなと実感しています。男女の隔たりもなくなったというか。フォローし合えているので休みも取りやすく、オンとオフの切り替えがしっかりできるからまた仕事も頑張れる。そんなよい循環が生まれているような気がします。

宮田

今は本当にみんなで協力し合えていますよね。パートさんも家庭を持っている方が多いし、お子さんが小さい方も多いから、風邪で休んだりした時には周りがしっかりとサポートしていますね。でも、元気になって戻ってきたらその分全力で頑張ってくれるし、すごく積極的に仕事の改善提案などにも関わってくれるんですよ。だからこそ、できることは支え合っていきたいなと思えています。

Q. 入社してから気づいたことはありますか。

宮田

社内イベントの紹介は合同説明会で聞いていたけど、社員同士で遊びに行く機会も多いなぁと入社してから感じています。

牛尾

会社の人とプライベートで会うのを嫌がる人も多いじゃないですか。でも、アンサー倶楽部はそういうのがなくて。みんなすごく楽しそうなんですよ。仕事後にみんなで喜んで飲みに行きますし。それって、目標に向かってみんなで頑張れているからだと思うんですよね。日常での良好な関係づくりが次の仕事につながっているなと感じています。

松村

飲みに行く以外にも、私が『引っ越した』と話すとみんなで遊びに来てくれたりしますしね。

牛尾

一人暮らしの家はだいたい見にいくぞ!ってなりますよね。賃貸あるあるでしょうか。永里さんのおうちは居心地いいですよね(笑)

永里

私はいつでもウェルカムですよ(笑) でも確かに、ボーリング大会とかも盛り上がりますし、仕事以外でもコミュニケーションを取る機会が多いから、結束力が強くなりますよね。

Q. 雰囲気の良さがすごく伝わって来ますね。
では最後に、みなさんのこれからの目標を教えてください。

松村

私は新築の部署を確立したいですね。今は規格住宅をやっているのですが、お客様にはもっといろんな提案ができるようになりたいと思っています。建築士の資格を持っていればさまざまな申請もできるようになるので、いずれは資格取得も目指せたらなと考えています。

牛尾

今はまだ目の前のことに精一杯で、やりたい部署っていうのは特にないんですが、もともと変わった戸建てとか家を見るのが大好きで、建築士になりたかったんですよね。係長みたいに新築にも関われたらいいなと思っています。

永里

私は賃貸部門を一通りできるようになったら、管理の仕事をしてみたいですね。そしてまた、賃貸部門に戻ってきたいです。今は借りるお客様側の視点でしか見れてないことが、オーナー様側の視点も持つことでまた違ったサービスが提供できるのではないかと思っています。

宮田

広い視野を持つことは、どの仕事においても大切ですよね。私はもっとお客様に喜んでもらえるサービスを充実させていきたいと思っています。大学入学に伴う引越し、結婚、出産、相続…不動産って一生の付き合いができる素晴らしい仕事だと思うんです。今はまだその点と点のつながりが弱いので、一生をトータルでサポートできるよう、強い線にしていきたいなと思っています。“点と点”を“線”に変えていける仕組みづくりを全員でできたらいいなと思っています。

新しい分野を次々と開拓する、エネルギッシュなアンサー倶楽部。
そこは、さまざまな分野で自分らしく働く女性の姿がありました。